ウェディング

面倒な工程もお手の物

プロフィールビデオを作るには

男女

プロフィールビデオを作るには、専用のソフトを使って自作する場合と専門の業者に依頼して作ってもらう場合があります。どちらの場合も、まずはどのようなプロフィールビデオを作りたいかを考える必要があります。それが決まったら使用する写真や音楽を決めて、いよいよプロフィールビデオを作っていく工程に入っていきます。結婚式はプロフィールビデオの他にも準備が色々あるため、自作する人はある程度パソコンが使えないと苦労します。特に働きながら結婚準備をする人は、時間の余裕もあまりないので業者に依頼すると楽ですし焦ることもありません。また業者に依頼した方が料金はかかりますが、その分クオリティーが高く満足するものができます。

新郎新婦の歴史と感謝を伝えるために

プロフィールビデオとは、新郎と新婦が披露宴や二次会などで使用するもので、小さい頃の写真や二人の思い出の写真などを使って作ります。プロフィールビデオを作ることで、披露宴や二次会の参加者に二人のことをよく知ってもらうことができます。また生まれた時・幼少期・小学生と順をおって作ることで、成長した過程や歴史を見せることもできます。幼少期の写真を使うことで、両親や親族が見ると懐かしさを感じてもらうこともできますし、メッセージを入れることで感謝も伝えることができます。現代の結婚式にはプロフィールビデオは定番となっており、楽しみにしている参加者も多いですし多くの人が映像に見入ってくれます。ですので新郎や新婦は、今まで支えてくれた人や育ててくれた親族に感謝を伝えたり、新しいスタートを切るために作る人が増えています。