ウェディング

演出に使える

さまざなまプロフィールビデオがあります。

ウェディング

プロフィールビデオは結婚するふたりの生い立ちや、人となりを結婚式に参加したゲストに紹介するためのものです。しかし最近ではプロフィールビデオは、結婚式に参加して頂いたゲストや両親への感謝やおもてなしの気持ちを伝えるといった要素も含まれるようになってきています。 さらに、結婚式の多様化にともなって、プロフィールビデオもさまざまな演出がなされるようになりました。プロフィールビデオの構成を絵本仕立てにしたり、テーマソングに添って映像を映していったり、ふたりの子供の合成写真を作成したりと、多岐に及んでいます。 感動のプロフィールビデオは結婚式に大きな感動をもたらし、ゲストがふたりを祝福する気持ちを高めてくれます。ふたりらしい素敵なビデオを作りたいものですね。

ゲストがあきず、メッセージが伝わる作品がベストです。

プロフィールビデオを作る上で注意点はいくつかありますが、一番注意しないといけないのは、「長さ」でしょう。流すぎると、見ているゲストが飽きてしまったり、結婚式の進行が遅れてしまったりします。また、短すぎると、伝えたい内容が伝えきれずに終わり、結局何が言いたかったのかわからないものになってしまいます。そこで、ゲストが飽きずに見ていられて、伝えたい内容が伝えられる長さとして、おおよそ6分前後のものにすることがおすすめです。 6分というと、ピンとこないかもしれませんが、通常の曲2曲分の長さ、と考えると、おおよそのイメージはわくと思います。使用する写真は1枚につき7秒くらいの時間をしっかりとって、ゲストが写真やコメントをしっかり見れるように作成しましょう。